現代の葬儀について

家族葬・直送と言う言葉をよく聞かれると思います。時代の背景も影響しているのでしょうか、近年現れた葬送儀礼として早くも定着してまいりました。

その反面「自分はどのように送ってもらいたいか?」葬儀社任にせするのではなく自分ならこうして欲しい、と云った方も増えて来ております。どのような形態でするか事前に考える意味で、ご要望があればエンディングノートをメールにて無料で発信いたします。下記ホームよりお申込み下さい。

近年の長びく不況の中、偲式典では価格をおさえた設定で皆様のニーズにお答え出来るプランを数多くご用意し提供してまいります。

以下を参考に

家族葬に厳密な定義はないのですが、一般論としては、ご遺族と本当に親しかった方を招いて営まれる葬儀を家族葬と言えるでしょう。

近所付き合いが少なくなった事。

生前勤めた会社と疎遠になった事。

友人も先に他界してしまった事。

親戚も高齢で来れない事。

出来るだけ、負担の少ない葬儀を行いたい。

故人の遺言「遺志」で、葬儀はこじんまりと行いたい。

葬儀の内容を考える

病院からのお帰り先は?

葬儀の場所をどこに?

宗派は?

親族の人数は?

会葬者は何人ぐらい?

ご親戚の泊る場所・駐車場は?など

上記の事柄を一つ取っても問題になるケースが多いようです。

葬儀は一度っきり、慎重にお考え下さい。

代表的な宗派

天台宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派(西)・真宗大谷派(東)・融通念仏宗・時宗・律宗・日蓮宗・創価学会などです。

この他にも神道 ・天理教・黒住教・金光教・ キリスト教(カトリック・プロテスタント・・)
新興宗教・・・

お問合せ 登録で早割り

事前登録・エンディングノート・仮見積・その他資料

必須
必須
地域 必須
必須

※弊社に情報をお送りいただける場合は下記のプライバシーポリシーに

ご同意いただけたものとみなさせていただきます。

さかいセレモニー

電話 072-249-4755




a:6102 t:2 y:1